トップ / 学校のチャイムの意味とは

学校のチャイムの意味とは

学校の情報は楽しい

掃除

学校のチャイムについて

学校の近くを通った際にチャイムの音を聞いて、学生生活を懐かしく感じる大人は多いと思います。勿論、企業等でも使われている所はあります。では、このチャイムの意図を考えてみましょう。基本的な使われ方は、ご存じの通り始まりや終わりの合図です。しかしながら、小学生等の小さな子供向けにはけじめを付ける事を教える役目があります。ですので、学校でこの音を聞いたら遊ぶのを止めて自分の席に戻って次の授業の準備をするという事を徹底して生徒に教え込んでいます。また、その次の終わりの音が鳴るまでは集中して授業を聞く事も同様です。

おなじみのチャイムの由来

学校に通っている時は毎日のように聞いたチャイムですが、あのキーンコーンカーンコーンという音は、とあるクラシック音楽がもとになっています。知らない方が多いかもしれませんが、実は、現在よく使われているあの音は、ウェストミンスターの鐘というクラシック音楽なのです。私達は、子どもの頃何気なく学校でこのウェストミンスターの鐘を聞いていたのです。この曲は、イギリスのウェストミンスター宮殿の跡地に建設されたイギリス国会議事堂にある時計塔から、毎日正午に流れるメロディです。私達が何気なく聞いていたチャイムは、実はイギリスが発祥なのです。

↑PAGE TOP