FAXDMの効果は抜群です

FAXDMが見直されてきています

FAXDMで収益をあげるためには

知っておきたい大切な比較項目とポイント

これは近年の傾向ですが、 FAX を利用したFAXDM というのが、かなり見直されてきています。それには理由があります。 それは配信された宣伝広告データは、最低でも一回は、相手の会社の担当者の目にとまるという利点があるからです。 わずか一回のチャンスですが、めざす会社の担当者の目にとまるということは、それを機会にして、商品などを購入してもらったり、あるいは取引をしてもらえたりするからです。最近、雨後の筍のように急速に増えてきている FAXDM の会社ですが、宣伝効果のある適切な業者を選ぶのは案外難しいです。 FAXDM の業者の選び方には、知っておきたい大切な比較項目とポイントがあります。 FAXDM は一枚一枚ご自分で送付することも可能ですが、それには相当の手間と時間がかかります。やはり FAXDM で収益を上げようとされるのならば、手間がかからず、費用もアウトソーシングした方がずっと安く済みます。これが FAXDM の業者に仕事を依頼するときの基本姿勢です。

まず一番大切なことは価格が安いということです。これには FAX 送信単価とリスト代などが含まれます。それらが安いことが決定的な条件となりえます。まず最初は、初期費用が無料であるところを選びましょう。初期費用がかからない業者を選ぶだけで、こちら側の負担がそうとう軽減されるからです。それから基本料金が無料のところもありますので、できるだけ、基本料金が無料のところを選ぶのがよいです。それから大切なことは、送信価格が10円以下であるということです。ファインモードで10円以下であるというのが一応の目安となります。業者によっては、送信完了課金制度を採用しているところもあります。これは実際にファックス送信完了できた分のみに対して課金されるという、とてもありがたい仕組みです。

高速配信に対応しているような業者を選ぶ

それから大切なことは FAXDM の配信の画質と品質です。できれば高速配信に対応しているような業者を選ぶことが大切です。高速配信とは1時間に1万件以上配信できる能力です。それからつぎに大切なことは、送信原稿の画質は、ファインが標準であるということです。 せっかく相手の会社に配信された FAXDM の画質が落ちるようでは、ビジネスに結びつきません。それから考えるべきことは、ビジネスタイムの送信も、割増なしで配信できるような業者を選ぶことです。 即時配信をしてくれるような業者を選ぶことも大切です。即時配信とは、送信を依頼してから、数10分後には、実際に配信できるようなサービスのことを指します。 それから最後にもう一つ大切なことがあります。それはクレーム対策済みである業者を選ぶということです。デメリットのクレームを軽減できるような送信業者を選べば、それだけで一安心できるからです。

人気記事ランキング